KAT-TUNが充電する理由とは?5月1日のライブで活動休止!!


スポンサーリンク

 ジャニーズの人気アイドルグループ「KAT-TUN」が5月1日の東京ドームでのライブを最後に、充電期間に入ると発表されました。

充電期間というのは、事実上の活動休止を意味することで、その理由が注目されています。

KAT-TUNが充電する理由

充電するという発表は、会員制携帯サイト「Johnny’s web」で発表されたようで、更に、それぞれのメンバーからは、メールでファンに伝えられたようです。
亀梨和也さんのコメント

 「僕達KAT-TUNは、5月1日をもって、
充電期間にはいります!KAT-TUNと言う船で航海にでて10年。
本当に様々な波にもまれながら、沢山の仲間と共に進んできました。感謝しています。
この先、僕達自身がしっかりと道筋を示し、未来に向かうべきだと話し合いました。
個々がKAT-TUNと言うグループをしっかりと背負い。個々が力をつける。
時間を費やすこと。今のKAT-TUNには必要な事だと。
1年後、2年後と、また、KAT-TUNが出港する時、頼もしい姿でいられるよう
沢山の方達が出港を待ち望んでくれるよう、KAT-TUN亀梨和也として向き合って行きたいと思います。
10Ks。
一回皆んなで集まって絆を深めたいです。
なので、、、
KAT-TUNと言う船の中。。。
待ち合わせにはしっかりと集まるようにっ!!
行くぞぉ~!!」

出典:YOMIURI ONLINE

中丸雄一さんのコメント

「ファンの皆さんへ。
KAT-TUNは今年のライブツアーを境に、一定期間ソロ活動に重きを置く為に、グループ活動を控えることにしました。グループの現状や、今後のグループの歩み方を考えた時に、メンバー個々の成長が今必要であると判断しました。これはグループにとっての「充電期間」であり、理想とするグループ像を目指す為に必要な時間であると考えます。一方的な伝え方になり申し訳ありませんが、日頃からグループを応援してくれている皆さんに、この判断をご理解頂けたらと思います。3人に今後も変わらぬ応援をよろしくお願いします。中丸雄一」

出典:YOMIURI ONLINE

上田竜也さんのコメント

「僕たちKAT-TUNは
3人で話しあった結果
10周年のドームツアーを一区切りにして
充電期間に入ることとなりました。
KAT-TUNというグループをしっかりと見つめ直した結果
この充電期間中に個々のレベルアップをしっかりとしていき、機が熟したら
再集合してまたKAT-TUNというグループとして皆様の前に立ちたい。と思いました。
もちろん個々で頑張っている時も
KAT-TUNのファンの皆様、そしてメンバーとの絆を大切にして活動したいと思ってます。
1日も早く、集合して再出発できるように努力します。約束です! 皆様待っていてください!!
充電期間もその先も…
皆様応援の方よろしくお願いします!!」

出典:YOMIURI ONLINE

3人がそれぞれコメントを発表していますが、言われていることは、3人とも同じことを言われているように感じます。

それは、理想とするKAT-TUNに成長するためには、個々が今まで以上に成長しなければならない。ということのようです。

そのためには、今、グループとしての活動を休止し、成長するための時間を作ることが必要との判断に至ったということです。

近い将来にまた、再出発したい。との思いも綴られていることから、前に進むための意味ある活動休止と捉えてもよいのかもしれませんね。

スポンサーリンク

結成時のメンバーが半分に

振り返ってみると、KAT-TUNは、グループ結成時6人のメンバーで出発していましたが、現在に至るまでに、多くのメンバーが脱退していったという経緯があります。

2010年には赤西仁さんが、ソロ活動のため脱退。2013年には田中聖さんが、「度重なるルール違反行為」で脱退。そして、2016年3月末で、田口淳之介さんが、理由は明確にされていないものの脱退することがすでに決まっています。

結成時6人だったメンバーが3人となり、半数ものメンバーがいなくなってしまったことで、当然、当初目指していたグループが目指していたコンセプトや目標を変更せざるをえなくなっていたことも事実だったと思われます。そんな事情が、活動休止の理由の一つになったのかもしれません。

理想とする新生KAT-TUNに向けて、残された3人が個々で成長して、またファンの皆さんの前に戻って来てくれることを期待したいです。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です