ショーン川上が番組降板を申し入れ!理由はホラッチョ川上!

スポンサーリンク

経営コンサルタントのショーン川上氏はテレビコメンテーターとして活躍いましたが、「週刊文春」で報じられた、学歴詐称を受けて、出演番組への自粛を申し入れているようです。

週刊誌も必死で取材をして情報を仕入れていると思いますが、時には誤報なんてことも、耳にする中、今回の報道は、ビンゴ!的な感じで、川上氏にも素直に受け入れられたようです。

この報道を受け、学歴詐称の謝罪と今後の番組出演自粛のコメントを発表するほどでした。

今となっては、嘘つき川上氏と呼ばれていますが、そんな嘘で塗り固められた華々しい経歴のせいか、数多くの番組に出演する予定だったようです。

出演自粛を申し入れた番組はテレビ、ラジオ合わせて6番組にも及びました。

・フジテレビ「ユアタイム」(2016年4月から予定)
・フジテレビ「とくダネ!」
・テレビ朝日系列ネットTV「Ameba TV」(2016年4月から予定)
・テレビ朝日「報道ステーション」
・BSスカパー「Newsザップ」
・81.3FM J-WAVE「MAKEIT21」

嘘を付く川上氏は最も悪いですが、嘘を見抜けなかった番組関係者にはクスッと笑ってしまいます。

関係者には多大な迷惑をかけたことは間違いありませんが、自ら番組自粛の判断を迅速に行なったのは引き際としては良かったのでは無いでしょうか。

スポンサーリンク

理由は、ホラッチョ川上

学歴経歴詐称の元になるとも思える学生時代のエピソードがあるようです。
生まれは鹿児島のようですが、高校は熊本県内の私立真和高校に通っていたようです。

学生時代のあだ名は「ホラッチョ川上」

ホラッチョは熊本弁でホラ吹きと言うようなので、直訳すると、ホラ吹き川上と呼ばれていたということになります。

「ホラッチョ川上」と呼ばれて返事をしていたかどうかは分かりませんが。。

高い志を語りながらも、実力が伴っていなかったせいで、このように呼ばれていたのでしょうか。

そんな癖を大人まで持ち越してしまうと、こんな変換になってしまうようです。

テンプル大学に10ヵ月いただけで、、
テンプル大学でBA学位取得ことになっていた!

ハーバード・ビジネス・スクールに3日間の体験コースに1回行ったら、、
MBAを取得してることになっていた!

パンテオンソルボンヌ・パリ第1大学のオープン・キャンパスに行ったら、、
パリ第1大学に留学したことになっていた!

でもホントは、九州の高校を卒業したのみだったのです。

ホラッチョ川上は、あだ名の通り、盛りだくさんということだったようです。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です