浅原雅史の会社の名前は?東京都中央区の情報機器販売会社


スポンサーリンク

アフリカ東部のタンザニアで現地時間の今月8日午前、同国駐在の会社員浅原雅史さん、56歳が会社事務所で事件に巻き込まれていることが判明し、警視庁組織犯罪対策2課が捜査を始めたことが分かりました。
日本からおよそ12,000kmと遠く離れたアフリカで起こった事件なので、まずタンザニアの場所を地図で確認しておきます。

タンザニアにある都市ダルエスサラームにある事務所で浅原さんが倒れているのを従業員が発見したということです。

ダルエスサラームはタンザニア最大の都市で、人口はおよそ320万人ですが、日本人には、なじみが薄いと思いますので、地図で場所を確認しましょう。

浅原さんは東京都中央区の情報機器販売会社から現地法人に責任者として出向して、現地で中古パソコンの販売などを手がけていたそうですが、一体どこの会社に務めていたのか気になるところです。

スポンサーリンク

浅原雅史の会社の名前は?

浅原雅史さんは、東京都中央区の情報機器販売会社に勤めていたということで、ここにある該当する会社を調べてみたところ、あくまで推測ですが、株式会社ブロードリンクという会社ではないかという結論に到達しました。

調査の中で「ReBornPC」という、マイクロソフト社との連携による正規Windowsオペレーティングシステ ムのインストールを行う中古パソコンへの呼称を統一し、拡大する中古パソコン市場に向け、使用済情報機器の売却・買取から適切なデータ消去・再生工事、更には良質な中古情報機器として販売する為の基準の設定を行う取り組みを、中古情報機器に関係する事業者8社が行うという情報がありました。

この8社の中に、株式会社ブロードリンクの名前があり、中古パソコンの市場開拓を業界を上げて、積極的に取り組んでいることが分かりました。

これは、浅原さんが行っていた中古パソコンの販売と紐付きます。

そして株式会社ブロードリンクの所在は東京都中央区です。

さらに、株式会社ブロードリンクのHPを見ると、何と進出国としてタンザニアが挙げられていて、ダルエスサラームに拠点を構えていると謳われています。

このことからも、浅原雅史さんの会社が株式会社ブロードリンクという可能性は濃厚だと思われます。

浅原さんが務めていた会社は名乗り出て、事件の詳細を説明するに至るのでしょうか。

スポンサーリンク

榊彰一の経歴は?ブロードリンク社長が中古パソコン市場を確立した背景

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です