古賀輝の画像と経歴やプロフィール!ナショナルチームB代表選手

バドミントン日本代表の桃田賢斗選手と2012年ロンドンオリンピック代表の田児賢一選手が違法カジノ店での賭博行為をしていた問題で、この2人が所属するNTT東日本は、バドミントン部員に対して賭博に関する調査を行いました。

調査の結果は、桃田選手と田児選手のほかにも、現役の男子選手4人と元選手2人の合計6人が違法カジノ店で、賭博行為をしていたことが明らかになりました。

この調査について、NTT東日本も会社としての責任を問われる重大な問題として捉えているようで、状況をより早く、より詳しく状況を把握するために、時間を惜しんで調査を進めたようです。

スポンサーリンク

調査の結果、賭博に関与した6人の中に、残念ながら、古賀輝選手も入っていたことが明らかになりました。

古賀輝選手の画像と経歴やプロフィール

koga

古賀輝(こが・あきら)選手は、1994年3月8日生まれの福岡県出身です。血液型はA型。

小学校の頃は、福岡県遠賀郡岡垣町にある、岡垣ジュニアバドミントンクラブに所属していました。

小学生の中学年の頃にはすでにバドミントンで、その実力を見せていたようで、4年生から6年生まで全国小学校選手権大会に出場し、優勝はないものの、いづれもシングルス又はダブルスで4強まで勝ち進んでいます。

中学は、埼玉県さいたま市にある私立中学の埼玉栄中学校に進学して、練習を重ねていたようです。2008年には全国中学校大会でダブルス優勝を果たしています。

高校は、そのまま埼玉栄高校に進学し、ここでも、1年生のときから3年生まで、インターハイや全国高等学校選抜大会などに出場し、シングルスや団体で優勝、ダブルスでも2位と非常に優秀な成績を数多く収めています。

小学校の頃からバドミントン界をリードしてきている貫禄といったところでしょうか。

スポンサーリンク

大学は早稲田大学スポーツ科学部に進学しています。4年の時にバドミントン部の主将をつとめ、部員を引っ張りながら、全日本学生選手権大会ではダブルス優勝、団体でも2位に入る結果を残しています。

同時に、2015年から日本バドミントン協会のナショナルチームB代表にも選ばれていて、2016年も引き続き大舞台での活躍を目指して練習に励んでいたはずでした。

社会人になって1カ月も経っていない古賀選手が、一体いつからカジノ賭博をしていたのか今後の調査で明らかにされるのでしょうか。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です