牧田久美馬市長の画像とプロフィール!三頭トンネルってどんなとこ?


5月5日午後4時15分ごろ、徳島県美馬市美馬町の国道438号三頭トンネル内で、牧田久美馬市長が運転する乗用車と、対向してきた軽乗用車が衝突しました。

軽乗用車に乗っていた男女4人のうち男女2人がなくなったほか、残りの2人が重傷を負ったということです。

牧田市長も腹部を強く打ち重傷、助手席の妻利子さんも胸など全身を強く打ち軽傷を負っています。

現場は片側1車線の長さ2648メートルのトンネル内で、市長の車が対向車線にはみ出した状態で衝突していたということです。

牧田市長が運転する車が、対向車線にはみ出していたということで、過失の多くが市長にあるということが分かります。

ウィキペディアにも載っているこの方、どのような人物なのでしょうか。

スポンサーリンク

牧田久の画像とプロフィール

こちらが牧田久さんです。

sityou03

牧田久さんは、1941年生まれの74歳。徳島県美馬市出身です。
大学は、島根県立島根農科大学を卒業しています。
1965年に徳島県庁に入り、2005年から美馬市の市長を務めています。

美馬市のHPを見ると、美馬市への並々ならぬ思いと、市民への配慮と思い描くまちづくりの取り組みが伝わってきて、非常に熱意を持って仕事をされていることが伺えます。

スポンサーリンク

事故現場の地図と道路の様子

三頭トンネルは徳島県と香川県をつなぐ、ちょうど県境にあるトンネルですね。


三頭トンネル入口(徳島県側)
トンネル上に「三頭トンネル」と書かれています。

トンネル内部


トンネル内なので、当然薄暗いですが、カーブがほとんど無い直線が続く道です。
高齢であることと市長という立場に加え、直線道路ということで、スピードを出し過ぎていたとか、ハンドル操作を誤ったという可能性は低いようです。

おそらく、事故の原因は居眠りではないでしょうか。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です