寝屋川市の下着ドロ大学生の名前は不明!強盗致傷に発展でどんな刑?

スポンサーリンク

大阪府寝屋川市境橋町の大学生の男20歳が、下着を盗むために侵入した民家で住民にけがをさせたとして、強盗致傷と住居侵入の疑いで現行犯逮捕されました。

容疑者は20歳を越えているので、実名が公表されても良さそうですが、未公表のようです。

「何で家に入ったかも、下着のことも知らない」と容疑を否認しているということなので、誤認逮捕を気にしているのかもしれません。

逮捕容疑は9日午前5時5分ごろ、寝屋川市内の男性会社員方に侵入し、洗濯機内にあった下着を盗もうとした際、物音に気づいた男性に呼び止められたため、下着を投げ捨てて逃走。
玄関でもみ合いになり、男性の腕や足に軽傷を負わせたとしています。

まるで、男物の下着を盗もうとしていたかのような報道で、そちらに気をとられてしまいますが、更に続きがありました。

男性方には娘が2人いるそうで、勝手口が施錠されていない状況だったということのようです。

ネットで調べてみると、下着ドロをする人は、妄想型の性癖が強いということが多く書かれていました。

妄想するために、誰かが使っていた下着でないといけないらしいです。なので、下着ドロの報道を聞くと、そんなに好きなら自分のお金で新品をたくさん買えば、人に迷惑もかからないのでいいのに。と思ってしまうのですが、それでは満たされないということのようです。

言ってみれば、変態という事です。

さて、この下着ドロ、他人の家に勝手口から侵入していたということで相当悪質なのですが、更に追い打ちをかけるように、住人に怪我まで負わせてしまいました。

これにより、逮捕容疑が強盗致傷です。将来有望だったはずの大学生が、変態だったがゆえに人生を棒に振るという結果になってしまいました。そう言えば、大学名もまだ公表されていませんね。

スポンサーリンク

住居侵入と強盗致傷とはどんな罪?

下着ドロが受けることになる、住居侵入と強盗致傷とはどんな罪なのでしょうか。

住居侵入罪
正当な理由がないのに、人の住居などに侵入した場合に成立します。今回の下着を盗むという
行為は当然正当な理由には当たらないのでしょう。法定刑は3年以下の懲役または10万円以下の罰金です。
比較的軽微な犯罪と言われているそうです。

強盗致死傷罪
強盗(下着ドロ)が、人を負傷させたときは無期又は六年以上の懲役に処し、死亡させたときは死刑又は無期懲役に処する。と規定されています。

今回の下着ドロには、どのような処罰がくだされるのでしょうか。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です