奈良市のゴミ職員が窃盗!自転車と空き缶を転売でいくらになった?

スポンサーリンク

奈良市のゴミ焼却場を管理する職員が、住民が資源ゴミとして出した自転車51台などを盗んだとして逮捕されました。

職員は、盗んだ自転車を売却していた可能性が高いとみられています。

窃盗の疑いで逮捕されたのは、環境清美センターの主任、八木橋政人容疑者53歳と奥川成敏容疑者57歳、中尾好伸容疑者52歳ら4人です。なぜか残り1人の名前が掲載されていませんが、もうすぐ定年を迎える人たちです。

まじめに働いて、退職金を全額もらう方が儲かったのではないかと思いますが。

八木橋容疑者らは、2016年2月、ゴミとして回収された自転車51台と空き缶860キロを清美センター内から盗み出したということです。

盗み出すと言っても、週末の土曜日に複数台のトラックを持ってきて丸ごと持っていく手口だったようで、窃盗団並みの手際の良さだったことが分かっています。

なかなかトラック何台も準備できないと思われますが、個人的に業者に頼んでいたということ?

2016年6月に奈良市の職員のタレこみによる捜査で4人の関与が浮上したということです。他にも事件に関与した人物がいる可能性もあるともいわれています。

4人のうち1人は否認していますが、3人は容疑を認めていて「小遣いにした」などと供述しているとか。1人だけ名前が出てなかったのは、容疑を否認しているせいですかね。

残りの3人は、小遣い稼ぎだったようですが、この仕事、そんなに金になる話だったのか興味があります。

自転車51台と空き缶860キロは合わせていくらなのでしょうか。

果たして、大人4人以上?を満足させる金額なのか?

スポンサーリンク

自転車と空き缶合わせていくら?

報道によると、もともと市はこれらのゴミを、鉄くずとして廃品業者にが有償で引き取ってもらうものなのですが、市で扱った場合、11万2500円相当になるらしいのです。

容疑者4人で山分けすると、1人当たり、28,125円です。パチンコに行くと2時間で無くなってしまう金額です。

他人に見つかりやすいトラックまで準備するという相当な危険を犯して、3万円が欲しかったのでしょうか?

きっと、そんな訳ないでしょ。

違う引き取りかたにすると金額も変わってくるのでは?

空き缶の引き取り価格は、プレスされたアルミ缶の場合120円/kg程度です。
環境センターにプレス機があるはずなので、運びだされたのはプレスされたものだったと思われます。

p5

これだけで、10万3200円です。

そして、自転車の買い取り価格は、1台当たり200円から4000円と幅が広いですが、もちろん程度が悪いと安くなるようです。

環境センターに持ち込まれる自転車は、こんな感じの程度です。

gomi

ほとんどが200円くらいでしょうか。
51台だと、ぜんぶで10,200円です。

先ほどの、空き缶と合計すると11万3400円になります。
結局、報道とほぼ同じ結果になってしまいました。

ということは、この4人を満足させることができない計算だったのか?

でも、考えて見ると、週末土曜日に運び出していたので、月あたり4回運び出すことになります。そうなると、1人あたり12万円の収入です。
年に換算すると、144万円の小遣いが得られるということになります。

これだけの金額になると、大人も満足できる結果になってしまいますね。

見つかったら解雇の可能性もあるこの小遣い稼ぎ、得ですか損ですか。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です