KEYTALKメンバーのカラーや名前とあだ名は?高校や大学はどこ?

2007年に4人のメンバーで結成され、2013年からメジャーデビューした音楽ユニットのKEYTALK。

メジャーデビュー以降、着実に人気が上がり、KEYTALKの楽曲も多くのメディアで取り上げられるようになってきました。

そんな人気急上昇中のKEYTALKのメンバーのプロフィールをじっくり見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

メンバーの名前とあだ名、

高校や大学のプロフィール

ギターを担当するのは、小野武正(おの たけまさ)さん。

生年月日は、1988年9月19日。

出身は、埼玉県さいたま市見沼区。

血液型はA型

一人っ子です。

出身高校は、私立西武台高等学校です。

14歳からクラシックギターを習い始め、その後アコースティックギターに相当はまっていて、音楽一筋だったせいか、高校受験は軽音楽部がある高校しか受験しないと決めていたそうです。それが、西武台高校だったということです。

高校時代の軽音楽部の仮入部時には既に「ドヤ顔でギターの腕前を披露していた」らしく、その時の曲がロードオブメジャーの雑走だったとか。

出身大学は、神奈川県にある昭和音楽大学作曲学科です。

あだ名は、ぺーい、ぷーき など

ドラムを担当するのは、八木優樹(やぎ ゆうき)さん。

生年月日は、1988年10月19日。

出身は、東京都清瀬市。

血液型はO型。

出身高校は私立西武台高等学校です。

軽音楽部で小野武正さんが、ドヤ顔でギターの腕前を披露しているのを見て、ギターをあきらめドラムを始めたのだとか。

出身大学は、埼玉県にある尚美学園大学です。音楽に関する学科が充実している大学です。

あだ名は、オムスター、涙の貴公子センチメンタル八木、てか八木 など

ボーカル&ベースを担当するのは、首藤義勝(しゅとう よしかつ)さん。

生年月日は、1989年2月19日。

出身は、埼玉県狭山市。

血液型はA型。

出身高校は、県立所沢高等学校

高校時代はフォーク部だったようです。

高校2年の時に、埼玉県のライブハウスで小野武正さんと出会います。

高校卒業後は、音楽専門学校でレコーディング・エンジニアの勉強。

あだ名は、ジョニー義勝、えんぴつ、おしゃれ番長 など。

ボーカル&ギターを担当するのは、寺中友将(てらなか ともまさ)さん。

生年月日は、1988年5月12日。

出身は、熊本県熊本市東区出身。

血液型はA型。

出身高校は、熊本県にある九州学院高校です。中高一貫校のようです。
驚くことに、高校時代はボクシングでインターハイに出場していた経験があるのだそうです。

出身大学は、神奈川県にある昭和音楽大学作曲学科です。

あだ名は、巨匠。

大学時代に一番偉そうにしていたから同じサークルの先輩から巨匠と呼ばれるようになったようです。

小野武正さんと同じ大学ですね。

スポンサーリンク

メンバーのカラー

メンバーカラーですが、アイドルグループではないので公に設定はされていません。

ただ、メンバーを模したマスコット人形が存在していて、その人形に色分けがしているので、その色を紹介します。

小野武正さん・・

八木優樹さん・・

首藤義勝さん・・

寺中友将さん・・

こんな感じですね。

曲作りは誰がやるの?

メロディは群を抜いてどのバンドよりも良いという自信はあります。
奥深いポップ・ロック・バンドです。

と語るKEYTALK。

作詞作曲は最初、八木さん以外の人が担当していました。

なので、小野さん、首藤さん、寺中さんの3人が担当していたことになります。

1グループに3人が作詞、作曲できるってすごくないですか。

プロフィ-ルにも書きましたが、小野さんと、寺中さんは大学が同じで二人共作曲学科に行ってたということなので、得意分野なのかもしれません。

この環境の中なので、残された八木さんは負い目しか感じてなかったらしく、音楽作りをはじめたそうです。

努力が実り、見事曲作りに成功したそうです。

今となっては、メンバー全員が曲作りを行っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です