内山高志が歴代3位で引退表明したけど2位と1位は誰?

世界ボクシング協会WBAのスーパーフェザー級の元王者で、内山高志選手(37)が7月29日に現役引退を表明しました。

男子では日本歴代3位となる世界王座11連続防衛を果たしていました。

内山高志選手が11連続防衛を果たした対戦相手と、連続防衛日本歴代2位と1位が誰なのか気になるので調べてみました。

スポンサーリンク

世界王座11連続防衛した相手は誰?

内山高志選手は、2005年にプロデビューしてデビュー戦はTKO勝ちを収めています。

2010年1月東京ビックサイトで世界初挑戦を行い、見事初勝利を収めています。
この時の相手はWBA世界スーパーフェザー級王者フアン・カルロス・サルガド(メキシコ)でした。

この勝利により、WBAスパーフェザー級王座を獲得することになります。

この王座獲得以降、国内歴代3位の記録となる11連続防衛を行っていくことになります。

1回目
WBAフェデラテンスーパーフェザー級王者
アンヘル・グラナドス(ベネズエラ)

2回目
WBA世界スーパーフェザー級5位
ロイ・ムクリス(インドネシア)

3回目
WBA世界スーパーフェザー級4位
三浦隆司(横浜光)

4回目
WBA世界スーパーフェザー級暫定王者
ソリス

5回目
WBA世界スーパーフェザー級6位
マイケル・ファレナス(フィリピン)

6回目
WBA世界スーパーフェザー級1位
WBA世界スーパーフェザー級暫定王者
ブライアン・バスケス(コスタリカ)

7回目
WBA世界スーパーフェザー級10位
ハイデル・パーラ(ベネズエラ)

8回目
WBA世界スーパーフェザー級4位
金子大樹(横浜光)

9回目
WBA世界スーパーフェザー級9位
イスラエル・ペレス(アルゼンチン)

10回目
WBA世界スーパーフェザー級7位
ジョムトーン・チュワタナ(タイ)

11回目
WBA世界スーパーフェザー級6位
オリバー・フローレス(ニカラグア)

12回目の防衛でWBA世界スーパーフェザー級1位のジェスレル・コラレスに敗れるまで、見事に王座を守り続けてきました。

初回の防衛から6年間もの間の出来事でした。

スポンサーリンク

連続防衛の国内歴代1位と2位は誰?

内山高志選手のこのすさまじい11連続防衛でも、過去の記録と比べると日本歴代3位となってしまいますが、国内歴代1位と2位は一体誰なのでしょうか。

まず歴代2位は、WBC世界バンタム級王者・山中慎介選手です。

連続防衛回数は12。

山中慎介選手は、まだ現役の選手なので更に記録を延ばして行く可能性がありますね。

歴代1位は、テレビ番組でもおなじみの、具志堅用高選手です。
WBAライト・フライ級で13連続防衛を記録しています。

何年もの長い期間、ベストを尽くし続けるその努力には脱帽です。

内山高志選手のプロフィール

内山高志選手は1979年11月10日生まれの37歳です。

出身は埼玉県春日部市で、ボクシングは高校進学に合わせて始めたそうです。

高校は、埼玉県加須市にあるボクシングの名門、花咲徳栄高等学校で、内山高志選手が高校3年生の時に全国大会で準優勝の成績を残されました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です