阿部力の現在は?舞台「夕」では上原多香子との役柄は?

中国と日本を股にかけるイケメン俳優・阿部力。

ドラマ『花より男子』で美作あきら役を演じて一躍人気者になりました。

私生活では2009年に中国人女優と結婚されています。

そんな阿部力さんは現在どんな活躍をされているのか見ていきましょう。

スポンサーリンク

阿部力の経歴

阿部力(あべつよし)さんは1982年2月13日生まれの35歳です。

出身は中国最北東部の黒竜江省なのですが、日本と中国の間でのクオーターなのです。

両親はおそらく中国人なのですが、祖母が日本人の阿部姓だったということで、1991年に日本人に帰化するさいに阿部を名乗っているそうです。

阿部力さんが9歳の時ですね。

中国では李振冬(リー・ジェンドン)という名前で活動していて、
冬冬(トントン)という愛称で呼ばれているそうです。

日本語、中国語ともに堪能なようですね。

身長・体重

身長175cm

体重65kg

しっかりとした体つきをされていますね。

スポンサーリンク

中国の人気女優史可との結婚

2009年に中国人の女優の史可(シカ)さんと結婚されていて、現在は日本を拠点に活動されていて、日本ではホリプロに所属されています。

気になる史可(シーク―)さんは3歳から中国の芸能界で活躍されています。

女優として、ドラマや映画に多数出演されたり、司会者として、番組の司会をつとめるなどされているため、多くのファンから応援されている存在であることがわかります。

年齢は阿部力さんより3歳年上だそうですよ。

阿部力さんと史可さんは2006年の中国映画「不完全恋人」での共演をきっかけに交際を開始。

日本と北京での遠距離恋愛だったため、毎日のパソコンデートを2年以上重ね、結婚に至ったそうです。

でも、残念ながら2012年には別居状態となり、史可さんはすでに中国に帰国しています。

離婚されているかは不明です。

現在の活躍

ここ最近も相変わらずご活躍されていて、映画では、2016年に2本、2015年にも2本、テレビでは、ドラマをメインに、2016年に2本、2015年に5本の実績を残されています。

2017年にも

1月放送のドキュメンタリー「極北で生きる人たち 追え!海のユニコーン」

2月放送のドラマ「おとり捜査官19」

3月放送の映画「劇場版 MOZU」

7月放送のドラマ「おとり捜査官・北見志穂19」

などに出演されています。

2014年に公演されたのタクフェス「夕」とは?

まずは、タクフェスってなんですか?
というとこですが、
役者で脚本家の宅間孝行さんが仕掛ける、極上のエンターテインメントプロジェクトのことです。

LIVEの楽しさを追求したステージ、そして劇場空間をプロデュースし、
「楽しめる、グッとくる、盛り上がれる!」
をモットーにフェスティバルしたものです。

さらに、ステージに留まらず、映画、テレビドラマで、クオリティの高いお祭り騒ぎとやろう!
という意志のもと、最高のエンターテインメント創りを目指した活動をされているプロジェクトだそうです。

「TAKUMA FESTIVAL JAPAN」略して「タクフェス」なんだとか。

「夕」の場合は、舞台ということで良いのでしょう。

2014年に開演したときのスケジュール

■タクフェス「夕―ゆう―」
東京公演:7月3日~21日(月)サンシャイン劇場
新潟公演:7月26日(土)りゅーとぴあ劇場
大阪公演:8月9日(土)~17日(日)森ノ宮ピロティホール
仙台公演:8月23日(土)イズミティ21
名古屋公演:8月27日(水)~31日(日)名鉄ホール
札幌公演:9月3日(水)・4日(木)札幌市民ホール

2014年7月から9月までの2ヶ月間開演していました。

そして、

「夕」の物語設定は1980年代の長崎だそうです。

ボディコン、DCブランド、校内暴力、そしておニャン子クラブ。
好景気に沸いた1980年代の長崎から物語は始まる。

舞台は長崎のとある町にある海の家兼民宿「あいかわ」。
そこに住むヤンキー兄弟、相川欣弥、元弥、雅弥の3人は
地元では「長崎のキングギドラ」の異名で恐れられていた。

そして、底抜けに明るくて底抜けにおバカな次男坊、
元弥こと「もっちゃん」に淡い恋心を寄せる隣に住む幼馴染の三上夕。
伝えたいけど伝えられない青春の片思い真っ只中!!
でも、そんな想いをしらない元弥は夕の親友である高橋薫に夢中、
そんでもって薫はというと元弥の親友の塩屋憲太郎に恋をしてたりなんだりするからもう大変!
恋と友情の板挟み。これぞ青春!これぞ初恋!!切ないとはこういう事だ!!!

そして青春時代の甘酸っぱい想いを抱えたまま大人になっていく夕たち。
それぞれの初恋はどんな結末を迎えるのか、伝えきれず言葉にできなかった想いの行方は……

誰にでも身に覚えのある淡い初恋の思い出。どこにでもあるような平凡なラブストーリー。
しかし!だからこそ泣ける!!その想いがわかるからこそ泣ける!!

このとき上原多香子さんは主人公の親友・薫役で出演されていました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です