手塚理美と真田広之の離婚の理由と現在は?再婚もアリの条件とは!

現在女優として活躍されている手塚理美さんは、1990年から1997年の7年間、人気俳優の真田広之さんと結婚されていました。

結婚から7年後に離婚をむかえてしまうわけですが、離婚に至った理由とは一体どんなことだったのでしょうか。

真田広之さんとの離婚以降、どなたとも再婚をされていませんね。

その経緯や現在の再婚に対する思いも調べてみました。

スポンサーリンク

手塚理美と真田広之の離婚の理由は?

真田さんと結婚された手塚理美さんは現在は女優をされていますが、元はアイドル活動もされていたんですね。

その活動の幅はすさまじく、グラビアモデルもされセクシー写真集まで出されています。

私は昔の手塚さんを存じ上げないのですが、きっとそれだけ需要があったということでしょう。

1990年に真田さんと結婚されるわけですが、グラビアモデルと人気俳優ってどうやって出会うんだろうと少し疑問でした。

一見結びつかないようなお二人を繋いだのは、あの時任三郎さん。

時任さんとは合同結婚式を挙げるほどの付き合いだったようです。

1990年8月に結婚されて、幸せになるはずの二人でしたが、長男が誕生した3年後の95年、当時人気絶頂だった女優、葉月里緒奈さんと真田さんの不倫が報じられます。

真実がどうであったか、そしてそれが原因なのかはわかりませんが、その年のうちに真田さんは自宅を出られ、別居生活へ。

別居がスタートした翌年、次男が誕生されたのですが、夫婦関係は修復には至らず1997年に離婚という結末を迎えます。

ここで7年間の結婚生活が終わりました。

不倫報道による不信感が離婚の決め手かとささやかれてきましたが、
後に手塚さんは、

離婚後も夫婦関係の修復を考えていた。

と語っています。

ですから結論的には真田さんの心変わりというのが一番の原因だったのかもしれませんね。

再婚もアリの条件とは!

離婚後は仕事をセーブしながら子育てと両立させていた手塚理美さん。

2人の男の子を成人まで育て上げました。

長男の奨之さん、は現在26歳で、音楽の世界で活躍されているようですが、まだ音楽だけで生活していける程ではないようです。

「アルバイトをしながら音楽活動を続けている」

といった生活をされているようです。

次男の日南人さん22歳で早稲田大学在学中と言われています。

再婚について手塚理美さんは、

「これから年取っていきますから、パートナーはいた方がいいと思います。ただ、一人が長いので一緒になるというよりは、隣のお部屋とか、同じマンションで階が違うとかそういうようなのがいいかなと思います」

と話されています。

息子さん2人と長い間生活してきいるので、3人で暮らす家族のかたちがしっかり出来上がっているということなのでしょう。

再婚するにしても、一つ屋根の下で暮らすわけではなく、少し距離を置いて、しかも今の家族のスタイルを守りつつなのでしょうか。

ここに来るまで再婚しなかった理由の一つには、
長男から中学生前後だった頃に

「再婚しないで」

と言われたこともあったそうです。

しっかりと母親としての役目を果たしていらっしゃったんだと思います。

と言いつつも、今になっては、次男から

「早くいい人が見つかればいいな」

と再婚応援のエールが届いているようです。

スポンサーリンク

手塚理美と真田広之の現在の関係

現在場所は違えど同じ畑で仕事をされているお二人。

嫌いで離婚したわけではないと仰っている証拠に、
年に数回息子さんお二人も交えて家族で食事をされるんだとか。

手塚さんは真田さんとの復縁を考えることもあるようなのですが、
ハリウッドで活躍の場を努力をもって手に入れた元旦那の邪魔になることはしたくないと身を引いているようです。

過去に何があったにせよ、愛する人を陰ながら支え応援するその姿は、
古き良き「妻」の姿なのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です