畠山愛理の経歴や出身校は?中学・高校・大学や所属クラブはどこ?

元新体操日本代表の畠山愛理さん。

現役を引退してからも、以前からのその可愛さが大評判で、数多くのメディアに出演されています。

そんな畠山愛理さんがこれまでたどってきた経歴や出身校が気になります。

調べてみるとオリンピック選手の大変さが垣間見えてきました。

畠山愛理の彼氏の名前は?山本湧や大谷翔平と熱愛の噂の理由がコレ

スポンサーリンク

畠山愛理の経歴

畠山愛理さんは、6歳の時に新体操で使う手具のリボンに憧れ新体操を始めました。

いろんな習い事にチャレンジしたのですが、「踊り」のジャンルに特に興味を示していたそうです。

でも、同じ踊りのジャンルのバレエにはあまり興味がなかったようです。

2009年12月の中学3年生の時にフェアリージャパンオーディションに合格し、新体操日本ナショナル選抜団体チームに参加します。

そのわずか3日後からはロシア合宿に参加し、ロシア語が分からずに苦労した。と当時を語っていますね。

携帯もなかったので親とも連絡がとれず1人でシクシクと泣いていたそうですが、これも両親に愛されて育てられた様子が伝わってくるエピソードです。

ちなみにフェアリージャパンというのは、日本体操協会により編成される 新体操の日本ナショナル選抜チームのことです。

高校生時代は、新体操以外は、ご飯を食べることと寝ることくらいで、たまの休みも友達とカラオケに行くような生活が続いていたんです。

何せ、代表入りしてからは1日8時間から10時間練習の日々で、周りの友達と全く異なる生活を辛いと思っていたようです。

ただ、

「オリンピックに出れるんだったら」

と目標に向かって努力してきたことを語っています。

努力の甲斐があって、2012年には、見事新体操団体のロンドンオリンピック代表に選ばれました。

やはり、オリンピックに出場するには全ての時間を捧げないと実現できない世界なんですね。

2015年には美しい女性として「和田静郎特別顕彰ミス日本」の第1号に選ばれました。

練習で忙しい畠山愛理さんが自らミス日本に応募したわけではなく、ミス日本事務局の推薦で選ばれたんですよ。

すごくないですか?応募もしてないのに選ばれるって。第1号というのがそれで、今のところ最初で最後のようです。

この時の優勝者は元シンクロナイズドスイミング芳賀千里さんでした。

2016年、2大会連続の新体操団体のリオデジャネイロオリンピック代表に選ばれ8位入賞という素晴らしい結果に導きました。

オリンピック終了後には現役引退を表明し、現在はスポーツコメンテーターやモデル、様々な分野で活躍しています。

小学校や中学校、所属クラブは?

小学校の情報はあまりありませんが、小学校1年生の頃から新体操を始め、小学6年生の時にはすでにオリンピックに出たいといっていたそうなので、新体操をどれだけ頑張っていたか想像がつきますよね。

小学校1年生から新体操のクラブに通っていたのですが、そのうクラブが2年生の時に閉鎖になったことから、以後ずっと所属することになる

東京ジュニア新体操クラブ

に移ったんです。

小学校6年生の時に、杉並区から多摩市に引っ越ししたそうで、中学校は

多摩市立聖ヶ丘中学校

に進学しています。

中学校時代には腰を痛め保健室に行った際に、保健室の先生に新体操を辞めたいと相談し、先生からの助言によって今まで続けてこれたというエピソードもありました。

中学3年生の時に、フェアリージャパンのオーディションに合格するので中学校時代も新体操一色だったようですね。

スポンサーリンク

高校や大学は?

高校は、とにかく競技に専念できるようにと東京の神田にある通信制の

大原学園高校

に進学しました。

通信制なので高校時代のエピソードというのはあまりないようですが、この学校に進学するアスリート選手も多く、競技に集中できる環境が整っているんですね。

高校卒業後は、推薦にて新体操でも強豪として有名な

日本女子体育大学体育学部

に入学します。

東日本インカレの完全優勝など、大学でも新体操に貢献し力をつけていきました。

リオデジャネイロオリンピックに出場したのは大学4年生の時で、メダルこそ逃しましたが彼女にとっては大きな経験となったようです。

大学生時代を振り返り、寝て起きて新体操をしての毎日だったと語っていたこともあり大学ライフを満喫するというよりかは、新体操漬けの毎日を送ってきたそうです。

新体操の強豪ともいわれる日体大での成長も大きく、今後のオリンピックなどの活躍にも繋がっていく大切な時代だったということはよくわかりましたね。

畠山愛理の彼氏の名前は?山本湧や大谷翔平と熱愛の噂の理由がコレ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です