日馬富士の家族!妻の名前や子供は何人?美人過ぎる嫁画像に納得!

大相撲で活躍中の横綱、日馬富士関はすでに結婚されていて、美人と評判のお嫁さんとまだまだ可愛い盛りのお子さんがいるようです。

そんな日馬富士関の結婚から家族について調べてみました。

スポンサーリンク

日馬富士のプロフィール

【四股名】:日馬富士 公平(はるまふじ こうへい)

【四股名履歴】 安馬 → 日馬富士

【本名】:ダワーニャム・ビャンバドルジ  

【所属部屋】:伊勢ヶ濱

【番付】:横綱

【生年月日】:昭和59年4月14日

【出身地】:モンゴル・ゴビアルタイ

【身長】:186.0cm

【体重】:137.0kg

【得意技】:右四つ・寄り

日馬富士が四股名と言うのは知っていましたが、プロフィールからすると、名字にあたる名前なんですね。

下の名前は、公平さんって言うそうです。

身長は186cmなのでかなり高いのですが、モンゴル人男性の平均身長って、

168cm

なのです。

日本人男性がが172cmなので、これより低いんですね。

日馬富士関はその中での186cmなので、モンゴルの中でも体格的に恵まれた選りすぐりの人なのです。

3人兄弟の末っ子なのですが、他の兄弟もきっとデカいんでしょう!

来日のきっかけは2000年7月に伊勢ヶ濱親方がモンゴルで開いた相撲大会です。

親方に見初められて日本に来ることになったのです。

2001年には初土俵を踏むことになるのですが、大関になっていた2010年に現在の奥さんと結婚することになります。


妻の名前は?

奥さんの名前は、

ムンフジャラガル・バトトールさん

モンゴル人の方ですが、当時留学生として来日していたんです。

岩手大学の学生さんだったんですね。

結婚当時は大学4年生だったのでちょっと驚きです。

2人の馴れ初めは、詳しくわかっていませんが、1年の交際期間を経てゴールインしました。

プロポーズは、

僕も頑張るからいっぱい子供を作ってください。

だったそうです。

モンゴルの人の平均出産年齢は22歳前後と言われているので、日本に比べると早いですね。

当時の奥さんも大学4年生だったことからすでに、モンゴルで言う出産の適齢期をむかえていたというわけです。

そして、平均出産数は3人から5人なので、日馬富士関のプロポーズはモンゴルの人ならではの言葉だったのでしょう。

でも?モンゴルの人がいっぱい子供を作るって、もっと多い人数をイメージしてるってこと?

スポンサーリンク

子供は何人

それで、気になる日馬富士関の子供の人数ですが、

3人

なんです。

3人のお子さんのお名前といつ生まれたかというと、

2010年?  長女 ニャムジャラガル

2012年5月 次女 ヒシゲジャンガル

2013年6月 長男 バトエルデネ

だそうです。

長女のニャムジャラガルちゃんは、現在

青山学院初等部に通っているんですね。

2013年から期間が開いていますが、これから何人お子さんが増えていくのでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です