永島優美アナの経歴!高校や大学、小学校も!父親付きまといに驚愕

ユミパンの愛称で人気絶大のフジテレビ看板アナウンサーの永島優美アナ。

永島優美アナの経歴が知りたい!

と思う人も多いのではないでしょうか。

ということで、経歴について調べてみました。

スポンサーリンク

永島優美のプロフィール

永島優美アナは1991年11月23日生まれの兵庫県神戸市の出身です。

神戸といえば大阪の隣ということも有り、お笑い芸人をイメージしてしまいますが、そこに美しい女性アナウンサーが現れたことで神戸のイメージも変わってしまうでしょう!?

と言いつつも、神戸市出身の現役アナウンサーの数は、ある情報によると40人程度もいるのでちょと意外です。

女優でも、北川景子さんや水崎綾女さん、戸田恵梨香さんなど有名な方が多数いらっしゃいます。

多彩な人材がいる街なんですね。

身長は、

160cm。

日本女子平均よりも少し高いです。

血液型は

A型。

フジテレビには2014年4月に入社しています。

めざましテレビの情報キャスターをしていましたが、2016年4月からはメインキャスターとして視聴者の朝の目覚めのお手伝いをしてくれています。

まだ入社3年目なんですよね。

永島優美の高校や大学は?

アナウンサーということもあって、特に学歴に注目が集まります。

高校は、

啓明学院高校

なんだそうです。

この高校は、中高一貫の学校なので、中学校もこの学校に通っていたんです。

神戸市須磨区にある学校で、キリスト教系の私立学校です。

ちなみに、共学のようです。

啓明学院は、関西学院大学にもつながっている10年一貫校ということもあり、

永島優美アナも、

関西学院大学

出身です。

社会学部社会学科

でした。

通っていた小学校まで判明していて、

神戸市立御影北小学校

なんですね。

というのも、父親がJリーガーでキャスターの

永島昭浩さん。

超有名人の娘さんということで、優美さんが生まれたときからマスコミの注目度は高かったんでしょう。

スポンサーリンク

父親の付きまといがスゴイ!

いつか一度は父親と共演してみたいと語る、永島優美アナですが、

心配事は、共演中に父親が噛んだら…と思うととても恐ろしいです。

と、父親の永島昭浩さんのキャラを心配しています。

めざましテレビ出演当初は、こんな生活をしていたようで、朝の番組を担当するアナウンサーのものすごい大変さが伝わってきます。

月火水は、朝の3時半、木金は「めざましテレビアクア」からなので、
午前1時半に起きています。

一般的な人とはちょっと違った生活リズムです。

そんな永島優美アナですが、父親永島昭浩さんの付きまといがスゴイようなのです。

永島昭浩さんが東京で仕事の時にそのつきまといは起こるのだそうです。

優美さんの自宅マンションに泊まるんですよ。

東京に出てきた時は。

一人暮らしの優美さんが心配で心配で仕方ないんでしょう。という声も。

優美さんの大学の卒業式でのこんなエピソードも残ってるくらいですから。

「“優美さんの写真を撮りたい”と話しかけた男性が、人の輪から少し離れたところで撮影しようと誘導すると、“ちょっと待って! どこ行くの!”と大声を上げていました」

でもそんな父親に優美さんは嫌な顔をするどころか感謝すらしているのだそうです。

というのも、アナウンサー採用試験のときにテレビ局の人に挨拶回りをしてくれたんです。

父親のそんな姿を見ると感動してしまいますね。

付きまといは娘思いの父親の行動ということだったようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です