太尊康輝の戦績や身長!出身高校や生年月日の経歴と防衛回数は?

OPBF東洋太平洋ミドル級チャンピオンでWBCユース世界ミドル級チャンピオンの太尊康輝選手。

巨大な体から繰り出されるパンチは圧巻で、その迫力に魅了される人も多いのではないでしょうか。

そんな太尊康輝さんの経歴は戦績について調べてみました。

スポンサーリンク

太尊康輝のプロフィール

太尊康輝さんは、本名が

前原 康輝(まえはら こうき)

と言います。

太尊と言うミドルネームを付けているようで、

前原・太尊・康輝

という順番のようです。

太尊康輝はリングネームですね。

生年月日は

1993年1月23日。

身長は、190cm。

出身は、

大阪府大阪市住吉区。

太尊康輝さんは、出身と同じく住吉区にある六島ボクシングジムに所属しています。

六島ボクシングジムには11人のボクサーが所属していて、太尊康輝さんはその中の1人です。

16歳の冬に格闘技の世界で自分の強さを証明することを友人と誓い、ボクシングのプロライセンスを取得。

将来的には、お世話になった関係者に恩返しをすることが夢で、ビックマネーを手にするためにアメリカでボクシングの試合をしていきたいと思われているそうです。

確かに日本の試合でのファイトマネーは、世界タイトルマッチ戦でも数千万円が相場のようで、億を越えると伝説のように語られるほどなのが現状。

一方アメリカでは、日本よりもファイトマネーは高額で、極端な例ですが数百億ということもあるようです。

ボクシングの試合を何人の人が見てくれるのか?と言うところでファイトマネーが変わってくるんですね。

太尊康輝さんも、その脚光を浴びるべく日々努力をされているのでしょう。

その心意気が伝わってくるエピソードが残っています。

コウキと言えば亀田興毅チャンピオンが頭に浮かぶと思いますが、「こうき」と言えば前原康輝と言われるようになります。

と語っていたそうです。

出身高校は?

太尊康輝さんが通っていた高校は

大阪偕星学園高等学校

です。

卒業はしておらず、中退ということのようです。

この高校は、大阪市生野区にある男女共学の私立高校です。

生野区は、太尊康輝さんの実家がある住吉区から東住吉区を挟んで北側に位置しているので、通学はおそらく電車だったのではないでしょうか。

卒業生の中には、スポーツ選手やタレントもいて、

お笑い芸人の坂田利夫さん

タレントの彦麻呂さん

プロ野球選手の姫野優也さん

など数多くの方が、活躍されています。

スポンサーリンク

ここまでの戦績がスゴイ!

戦績:17戦13勝(11KO)2敗2分

【獲得タイトル】
2013年度全日本ミドル級新人王
WBCミドル級ユース王座
第48代OPBF東洋太平洋ミドル級王座

【戦歴】
2012/04/15 △4R判定 1-1(38-37、37-38、38-38) 川崎 真琴(RK蒲田)
2012/09/01 ○2RTKO 作田 祐一(ネクサス)
2012/11/03 ○1RTKO 河内 大悟(和光)
2013/01/12 ●3RTKO 金澤 圭介(ワタナベ)
2013/08/25 ○2RKO 片山 修(倉敷守安)
2013/11/09 ○1RTKO 甲斐 斗志広(宮崎ワールド)

■2013年度全日本ミドル級新人王決定戦
2013/12/22 ○1RKO 清野 航(石橋)
※全日本新人王獲得

2014/04/20 ○6RTKO 大橋 寛志(京拳)
2014/11/24 ○4RKO ペットスリヤー・シンワンチャー(タイ)
2015/04/05 ○7RTKO 佐々木 左之介(ワタナベ)
2015/08/02 ○2RKO クンサックイーブ・オーブンチャイ(タイ)

■OPBF東洋太平洋/日本ミドル級タイトルマッチ
2015/11/09 ●7RTKO 柴田 明雄(ワタナベ)
※OPBF東洋太平洋ミドル級王座獲得失敗
※日本ミドル級王座獲得失敗

■WBCミドル級ユース王座決定戦
2016/04/17 ○1RKO ペットスリヤー・シンワンチャー(タイ)
※WBCミドル級ユース王座獲得

2016/07/31 △8R判定 1-1(76-76、76-76、76-76) イ・ジュニョン(韓)

■OPBF東洋太平洋ミドル級タイトルマッチ
2016/11/23 ○12R判定 3-0(116-111、115-112、116-111) ドワイト・リッチー(豪)
※OPBF東洋太平洋ミドル級王座獲得

■OPBF東洋太平洋ミドル級タイトルマッチ
2017/04/16 ○4RKO アン・サンジェ(韓)
※OPBF東洋太平洋ミドル級王座防衛①

■OPBF東洋太平洋ミドル級タイトルマッチ
2017/07/30 ○12R判定 3-0(119-109、117-109、115-111) ロックハート・ブランドン(森岡)
※OPBF東洋太平洋ミドル級王座防衛②
出典:ボクシング選手名鑑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です