SHIHOの本名?昔通った高校は2校!韓国モデル時代の友人は誰

格闘家の秋山成勲さんと結婚され、現在娘さんと韓国で人気を集めているモデルのSHIHOさん。

秋山さんが在日4世というのをきっかけとして韓国進出されたようですが、
実はSHIHOさんは結婚以前韓国で活動されていた過去があるんです。

日本の美魔女、SHIHOさんの経歴を紹介していきます。

スポンサーリンク

SHIHOの本名とプロフィール

SHIHOさんは1976年6月6日生まれの現在41歳で、滋賀県草津市の出身です。

本名は、

秋山志保。

旧姓は矢野志保さんといいます。

16歳でモデルデビューをされたSHIHOさんがデビューに至った経緯は、

お母さんに一言「モデルになってみたら?」と言われたことがきっかけのようなのですが、

お母さんもそう言ってしまうほどSHIHOさんのスタイルは幼少期から日本人離れしたものがありました。

学生時代の写真では他の同級生もスタイルが悪いわけではないのですが、
SHIHOさんは腰の位置から細さ、手足の長さなど全てが違います。

10等身と言われるスタイルは幼少期から風格を現していたのですね。

16歳で身長168センチと聞くと最近の子は手足が長いのでそこまでピンとくることは無いかもしれませんが、

SHIHOさんは40代なのでお母さん世代を想像してみるとかなりのスタイルだったのではないでしょうか。

SHIHOの出身高校は?

16歳の時母親の一言でモデル事務所である「サトルジャパン」へ応募したSHIHOさんですが、高校は地元滋賀にある

滋賀県立草津東高等学校

へと進まれました。

しかしモデルとして本格活動をするためすぐに上京。

東京都立玉川高等学校

へと編入されます。

この玉川高等学校は速水もこみちさんや森矢カンナさんも卒業された有名な高校ですが、
SHIHOさんの同級生には、ほしのあきさんがいらっしゃりお二人はかなり仲が良かったとか。

その後ほしのあきさんはSHIHOさん経由でモデルデビューも果たされます。

上京したSHIHOさんは中高生向けファッション雑誌「プチセブン」でデビュー。

このプチセブンはその前から神田うのさんが人気モデルとして表紙を飾られていたようです。

スポンサーリンク

韓国でモデル活動をしていた時の仲間って誰?

モデルとして確実な人気を集めていたSHIHOさんは日本を飛び越え韓国でのモデル活動を始めます。

当時SHIHOさんが起用されたブランドは90年代大流行を果たし若者のトレンドのようになっていたブランドです。

約20年前の話になります。

そのブランドのプロモーションでSHIHOさんと共にモデルをされていた方が二人いるのですが、その二人はその後大躍進をされるんです。

一人目は

ソン・スンホンさん。

出演された「エデンの東」は日本でも放送され人気の作品ですが、韓国では30%という驚異の視聴率を叩きだし一躍人気俳優となりました。

もう一人は

ソ・ジソプさん。

先日日本でもリメイクされた韓国ドラマ「ごめん、愛してる」の主演を務められた俳優です。

そのお二人とSHIHOさんが20年前の韓国のトレンドを支えていたのですね。

現在お子さんと共に再び韓国での活動を本格化させているSHIHOさん。

娘さんは幼い頃のSHIHOさんにそっくりで将来が期待できます。

いつかトップモデルとなり日本のトレンドを支えてくれるかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です