小宮有紗が夢二で体当たり演技!動画や画像は?お相手はあの人!

声優で女優の小宮有紗さん映画「夢二〜愛のとばしり」大胆な体当たり演技を披露したことが大きな話題になっています。

一体どんな映画だったのか?お相手の俳優は誰なのか?

気になるところを調べてみました。

スポンサーリンク

小宮有紗のプロフィール!

小宮有紗(こみやありさ)さんは、1994年2月5日生まれの栃木県下野市出身。

身長は164cm、血液型はB型です。

テレビ番組「スカッとジャパン」に出演する機会が増え、あの可愛い女優さんは誰?!と注目を浴びはじめているのが小宮有紗さんです。

特命戦隊ゴーバスターのイエロー役であり戦隊ヒーローとしても活躍していて子供達からの人気もあります。

小宮有紗さんについて調べていくと女優ではなく、声優さんだという情報が多くあげられます。

実は熱狂的ファンも多い「ラブライブ!サンシャイン!!」の黒澤ダイヤ役を務めているんですね。

また、声優メンバーで結成されたアイドルユニット『Aqours』にも所属していて可愛いと人気を集めています。

声優としての活動もはじめてでこんなに注目を浴びてしまったようで、本人は声優に女優に何でもやっていきたいと思っているようです。

グラビアアイドルとしても活動をはじめ、最初は声優としてのファンからは色々いわれたようですが、声優ファンがはじめてグラビア雑誌を買ったなど影響力は強いようですね。

高校はどこ?

中学生の頃にスカウトされ芸能界デビューした小宮有紗さんですが、高校はどこに通われていたのでしょうか。

本格的に芸能活動をはじめるまでは栃木に住んでいたようで、高校1年生の途中で東京に来たそうです。

もちろん、高校も転入したようですが高校の情報はありません。

栃木で通っていた高校も栃木女子高校ではないかといわれているようですが、本人の発言からというものではなく信憑性は低いようです。

しかし、芸能活動のために上京してきたことを考えると芸能活動をしやすい高校を選んだのではないかといわれています。

栃木でなのか、東京でなのかは分かりませんが高校時代にはダンス部に所属していたそうです。

スポンサーリンク

彼氏の噂は?

声優にアイドルユニット、女優にグラビアアイドルにもマルチに活躍しているからこそ気になるのが彼氏の存在ですね。

現在彼氏はいないようで、というかいても表にはでないかと思いますが、共演する方との熱愛疑惑は必ず話題となるようです。

共演者と熱愛疑惑がでるほど有名になってきている証拠であると前向きにとらえることもできますね。

実際には、デート現場が見られたというわけでもなく写真があるというわけでもなく噂だけのようですが、声優としても活躍している今、熱狂的ファンも非常に多いようですし、ファンのためにも熱愛報道などがでないように気をつけてほしいですね。

といっても、お年頃の可愛い女の子ですしモテるでしょうから恋愛の1つや2つ温かく見守ってほしいと思うのが本音かもしれません。

小宮有紗が「夢二」で体当たり演技!お相手は誰?

小宮有紗さんは、2016年7月30日公開の映画

「夢二〜愛のとばしり」

彦乃役で出演しました。

この映画のストーリーは

竹久夢二の生きた「素敵な憧憬」として輝きを放ち続けている「大正時代」。

夢二は、「美人画」のモデルとなった妻・たまきと息子の3人で絵画の店を営みながら暮らしていた。

生活のために絵を描くことを選択した夢二だったが、現実的な日常にどこか不満を抱く芸術家としての自分との葛藤に筆の進まない日々を送っていた。

一方、男としては妖艶な色気を放ち、女性ファンが絶えない。

そんなある日、運命の女性・彦乃と出会い、彼女との愛に溺れてゆく。

家を顧みない夫・夢二の変化に苦しみ、やがて夫婦生活は崩壊をきたしてしまう。そして、夢二の思いは一途に彦乃へと向かうのだが……。

ストーリーからも分かる通り彦乃は、夢二の不倫相手。と言うわけです。

小宮有紗さんの濡れ場もアリということで、小宮さんの紹介はこんな感じで称賛が含まれています。

夢二が最も愛した女・彦乃には「イン・ザ・ヒーロー」(14)「カバディーン!~花吹雪高校篇~」(14)などへの出演で話題を集めた小宮有紗がこれまでのイメージを覆す体当たりの演技に挑戦している。

そう、

体当たりの演技

なんです。

そして、ちょっと気なる夢二を演じるのは、

30歳で役者デビューを果たし、2011年のNHK連続テレビ小説『カーネーション』でヒロインの夫に大抜擢。その後TBS「半沢直樹」出演など、若手実力派としての実績を着実に積み上げ注目を集める駿河太郎。

紹介が長いですが、

駿河太郎さん

ですね。

それで、気になる映像がこちら。

ご期待には答えられていないかもしれませんが、雰囲気は伝わったかと思います。

映画の内容はとても良かったようですよ。

リアル竹久夢二の紹介を少し。

1884年(明治17年)9月16日 – 1934年(昭和9年)9月1日。

岡山で生まれ、明治、大正、昭和の3時代を駆け抜けた“日本最初のポップアートアーティスト”。

本名は竹久 茂次郎(たけひさ もじろう)。

数多くの美人画を残し、その抒情的な作品は「夢二式美人」と呼ばれ、大正ロマンを代表する画家としてその名をはせた。

文筆の分野でも、詩、歌謡、童話なども創作。詩『宵待草』には曲が付けられ、大衆歌として全国的に歌い継がれている。

更に商業分野でのデザインも手掛け、日本の近代グラフィック・デザインの草分けのひとりともいえる。

18歳の時、早稲田実業学校専攻科入学。

学生時代、スケッチを『読売新聞』などに投書。

21歳の時に、夢二を名乗り画家としてデビューを飾る。23歳でたまきと結婚。

決して平凡な夫婦生活ではなかったようだが、たまきとの間に3人の男の子をもうけている。

30歳の時、日本橋呉服町に「港屋絵草紙店」を開店。客として訪れた彦乃に出会う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です