デヴィ夫人の娘の旦那は何してる人?孫はキラン以外に現在何人?

デヴィ夫人といえばなんと78歳!

その若さと毒舌に注目が集まっていますが意外と経歴については知らない人が多いのではないでしょうか?

デヴィ夫人の旦那さんはインドネシアの故スカルノ大統領ですが一体どういうきっかけで二人が出会い結婚に至ったのか、現在デヴィ夫人がどんな生活を送っているのかも謎だらけですよね。

デヴィ夫人には娘と孫もいて過去にバラエティー番組にも出演しています。

どんな娘さんとお孫さんなのかについても調査しました!

スポンサーリンク

デヴィ夫人のプロフィール!

デヴィ夫人は1940年2月6日生まれで78歳です。

出身は東京都麻布霞町とのことです。

その顔立ちから根強いハーフ説があるのですが、意外にもデヴィ夫人の父と母は共に日本人なのです。

父親は大工さんで名前は根本兵七郎さん、母親は政子さんです。

そして兄弟には、八曾男さんという弟がいます。

気になるデヴィ夫人の結婚前の名前は七保子と書いてなおこと読むそうです。

デヴィ夫人という名前がしっくりきすぎてなんだか意外ですよね。

父親はデヴィ夫人が16歳の時に亡くなっていて、その後の生活は苦しく貧しい子供時代を送っています。

でも、当時はどこの家庭も貧しかったと言われる時代なので特別な話ではなかったのかもしれませんが。。

定時制の高校に通うも経済的な問題で中退し、家計を助けるために色々な仕事をしたそうです。

現在のデヴィ夫人のイメージからは想像できない生活を送っていたんですね。

しかし、デヴィ夫人は美貌と頭の回転の速さと賢さで赤坂にある超一流ナイトクラブであれよあれよという間に人気ホステスにのしあがっていきました。

その後、旦那となるスカルノ大統領と出会うことになるのですが、幸せになるまでにはまだまだ乗り越えなければならないことがありました。

デヴィ夫人の娘の旦那は何してる人?

家計を助けるためにクラブでホステスとして働いた後「東日貿易の秘書」としてスカルノ大統領のもとに仕えています。

持ち前の根性でスカルノ大統領を本気にし第三夫人となっています。

この時の年齢が19歳とのことです。

どれだけ若い時から苦労して人生経験を積んでいるんだ?と思わずうなってしまいます。

デヴィ夫人が子宝に恵まれたのは25歳の時でカリナさんという娘さんがひとりいます。

デヴィ夫人は第三夫人でカリナさんはスカルノ大統領にとって8番目の子供にあたります。

でもカリナさんを出産したのはインドネシアではなく日本の都内でした。

当時スカルノ大統領はクーデターにより大統領の失脚を余儀なくされている状況で危険が及ぶとの理由で大統領のご夫人達が外国に亡命していたためです。

スカルノ大統領が亡くなってからデヴィ夫人は娘のカリナさんを連れてフランスに亡命しています。

娘のカリナさんは2005年に

米系大手金融機関「シティバンク」の欧州・中近東・アフリカ地区のCEOである

フレデリック・シーガス氏

と結婚しています。

カリナさんは一般人のため情報を公開していないのですが、以前テレビ番組の「金スマSP」出演したことがあるんですよ。

その中でカリナはデヴィ夫人との間にあった確執とその後の和解に至った経緯を話しています。

なぜデヴィ夫人とカリナさんの親子関係が上手くいかなくなったのかと言うとスカルノ大統領を取り巻くインドネシアの情勢が大きく関係していました。

デヴィ夫人はカリナさんを連れてフランスに亡命するもののカリナさんを育てるためにインドネシアに戻り遺産をもらえるまではインドネシアに居住することに決めたそうなんです。

カリナさんがまだ11歳の時のことです。

カリナさんに危険が及ぶのを避けるためにデヴィ夫人はカリナさんをフランスに置いたままインドネシアへ移住してしまい、その結果カリナさんの中に不信感がつのり不仲になったそうです。

スポンサーリンク

デヴィ夫人の孫はキラン以外に現在何人?

現在デヴィ夫人にはお孫さんはキラン君ひとりとのことです。

今はデヴィ夫人はカリナさんと和解しているのですがそのきっかけとなったのがデヴィ夫人の初孫にあたるキラン君です。

ネットではキラン君のイケメンぶりが話題になっています。

デヴィ夫人もキラン君にはメロメロのご様子です。

金スマのVTRにもキラン君登場しておとなっぽいと話題になってましたね。

イケメンであるだけでなく英語、インドネシア語、オランダ語、フランス語を話せるようです。

日本語が入っていないのがかなり意外です。

勝手な想像ですがこのまま成長するとモデルとかになれそうですね。

すでにトップモデルの雰囲気がありますもんね。

デヴィ夫人もキラン君の成長がとても楽しみだと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です