フローリングがいつもピカピカ!汚れの落とし方がわかる3つの方法


フローリングはどうしても気づいたら汚れてしまうものです。

毎日気をつけていても掃除をきちんとしなければフローリングは汚れていく一方です。

そんなフローリングの掃除を行うためにも知っておいて欲しいまずは基本的な掃除方法からご説明していきます。

スポンサーリンク

フローリングの黒ずみ汚れの基本的な落とし方


まず基本的なフローリングの掃除方法としては掃き掃除から始まります。

フローリングにはホコリがたまりやすいです。
そんなホコリを落とすためには掃除機でなくて乾いたシートを付けたフローリングワイパーが効果的です。

掃除機だと風によってホコリが飛び散ってしまい逆効果です。
そのためにフローリング用の乾いたワイパーで拭き取っていきましょう。

そしてホコリを取り除いたら溝の汚れの部分を取り除くために掃除機をかけていきます。

逆に溝のホコリはフローリング用のワイパーでは取り除くことができないために、ワイパーの後に必ず掃除機をかけるようにしましょう。

そして次に気になるのがフローリングについてしまいやすい黒ずみです。

これは素足でフローリングを歩いているだけでもついてしまう厄介なものです。
そんなフローリングの黒ずみには雑巾やいらないタオルなどで水拭きをしてあげると良いでしょう。

そんな水拭きをする際には様々な洗剤などが用いられます。

これからはそんなフローリングの黒ずみ汚れを落とすための水拭きの際に効果的なものを紹介していきます。

フローリングの強力な黒ずみ汚れは中性洗剤で落とす!

まずフローリングの強力な黒ずみ汚れには中性洗剤が効果的であると言われています。

黒ずみ汚れの原因としては皮脂汚れがあります。
そんな皮脂汚れが原因の黒ずみには中性洗剤が特に効果的なのです。

この際に使用する中性洗剤は洗濯用のものでももちろん構いません。

水2リットルに対して中性洗剤を小さじ1〜2杯ほど混ぜて用います。
その際に雑巾を固く絞って水が垂れない状態にして拭き取っていきましょう。

特に皮脂汚れが気になってしまう部分な黒ずみがひどい部分には雑巾を変えて慎重に掃除していくようにしましょう。

中性洗剤を使うにあたって小さなお子様などへの影響が気になる場合は汚れが取れた後で水を二度拭きすると中性洗剤がフローリングに残ってしまうことを避けることができます。

また気になるキッチン周りの油汚れはオレンジ洗剤が効果的です。気にしていてもフローリングに油が飛び散ってしまうことがありますよね。

そんな油汚れがフローリングについてしまった場合には、オレンジに含まれているリモネンという成分が油汚れを落としてくれます。

洗浄力も抜群であるためにオレンジ洗剤は手肌にも優しい成分なのです。
こちらも水に薄めたオレンジ洗剤を雑巾に含ませてしっかりと絞って気になる油汚れを拭き取ってあげましょう。

黒ずみが落ちたらきちんと水で拭いてあげることを忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク

家にあるアルコールでフローリングの汚れも落ちる!?


風が流行る時期や手の殺菌のためにもよく用いられているアルコールや消毒用のエタノールですが実はフローリングの汚れを落とすためにも効果的なのです。

そもそもエタノールとはデンプンなどをアルコール醗酵させることによって作られる無色透明の液体のことを指します。そのために一般的なアルコールとほとんど変わりません。

そんなエタノールを水で薄めて作られたものが手指の消毒用に作られている消毒用エタノールなのです。

消毒用エタノールはその名の通り殺菌には非常に適しているのですがフローリングの汚れを落とす洗剤代わりとしても用いることができ効果的です。

例えばキッチンやお風呂場などの水回りには菌が繁殖しやすいためにこの消毒用エタノールを用いることによって殺菌はもちろん汚れを落とすことも可能です。

そしてフローリングによく発生しやすいカビに消毒用エタノールが効果的です。
フローリングや窓枠などにカビは非常に発生しやすいものです。

そんなカビなのですが、できたばかりのカビであれば根をまだ深く張っていないためにエタノールやアルコールを振りかけてスポンジやブラシでこすることによって落とすことができます。

エタノールやアルコールをフローリングやその他の部分にも使用する際に気をつけておきたいポイントとしては、油分を溶かしてしまう性質があるためにニスやワックスなどでコーティングされた木材やテレビの液晶画面などに使用すると変色してしまう恐れがありますので周辺のものには気をつけて使うようにしましょう。

酢や重曹でフローリング汚れを落とす


最後にフローリングの汚れは家にもあるであろう酢や、掃除アイテムとしても名の高い重曹によって落とすことができるのです。

まずは酢についてなのですがこちらも調味料としてもよく使われるために掃除アイテムとしてもお手頃なものです。

酢を使ってフローリングについてしまったベタつく汚れを落とすことができます。
大さじ2杯の酢と1リットルの水とを混ぜて酢水を作ります。これを用いてフローリングを拭いてあげることによって汚れが落ちます。

仕上げにはモップを使ってカラぶきをすると良いでしょう。酢は匂いがきついものなのですが、少しするとその匂いも無くなるので安心できます。

そしてお掃除アイテムとしても有名である重曹もフローリングの汚れを落とすために最適です。特に油汚れでべたついている部分がきれいになります。

バケツなどに3〜5%の濃度の重曹と水を混ぜていきます。この際にはぬるま湯を使った方がよく溶けます。そうしてできた重曹水を雑巾やいらなくなったタオルなどにつけて、フローリングのベタつきがある部分を重曹水で拭いていきます。

そしてある程度汚れを落とすことができたら水拭きをして、その後から武器をしたら完成です。これだけの作業でフローリングの汚れを落とすことができます。

さいごに

今回はフローリングの様々な汚れを落とすための方法としてご紹介していきました。家にあるものでも簡単に掃除することができるために大変便利です。是非今回ご紹介した方法を使用してフローリングの気になる汚れを落としていきましょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です