舟山久美子の昔の貧乏生活が悲惨!卒アルとすっぴんが素朴な画像!

大人気のモデルでタレントの舟山久美子さん。

今では華やかな芸能界で活躍されていますが、芸能界デビューする前の昔は、かなりの貧乏生活をされていたようです。

その生活とはいったいどのようなものだったのでしょうか。

そして、舟山久美子さんはオフでのすっぴんも公開しているので、素朴な素顔の情報も見ていきます。

スポンサーリンク

舟山久美子さんってどんな経歴?

舟山久美子 貧乏
舟山 久美子さんは、1991年4月29日生まれの東京都出身です。

身長は155cmで体重は40.1 kg。

体重を公表しているのは驚きですね。

スリーサイズは78 – 54 – 77cm

靴のサイズは23.5 cmで血液型はO型。

舟山さんは2008年に渋谷でスカウトされて、2009年からファッション雑誌「Popteen」でモデルデビューしました。

その後は様々なテレビ番組に出演されていて、タレント活動に加えて女性ファッション雑誌「with」で専属モデルとしても活動されています。

2013年にはファッションブランド「MiCOAMERi(ミコアメリ)」を立ち上げ、プロデュース業にも精力的に活動しています。

タレント、モデル、プロデュースと現在は幅広く活動されていて、貧乏とは無縁の世界で暮らしている印象を受けてしまいます。

幼少の頃の貧乏生活の実態とは!

舟山久美子さんの両親は建設関係の会社を経営していて、バブル全盛期にはけっこう派手な暮らしていました。

当時5歳だった自身は何不自由なく欲しいモノを買ってもらえるような暮らしだったのです。

当時住んでいた家の玄関先で撮った画像がこれ。

巨大な玄関扉が目につきます。

豪邸であることが容易に想像できる玄関ですね。

両親は富豪と言ってもいいくらいの生活レベルだったのではないでしょうか。

しかし、人に騙された両親は借金を背負うことになり、その後の生活は悲惨だったようです。

背負った借金の額は、4000万円。

そんなに多額な借金という感じではありませんが。。

それでも生活は大変だったようです。

水道が止められることもあったそうで水道が止まった時にはスーパーにあるチョロチョロと水が出る飲水機からペットボトルに水を入れて使っていたので驚きです。

また、電気を止められてテレビが見れないので、学校の友達とテレビの話になった時に乗り遅れないように家電量販店に行ってテレビを見ていました。

当時EXILEが流行っていて、メンバーの中で誰派?
みたいな話になった時には、テレビを見ていない舟山久美子さんは前の人が言った名前を誰だわからないまま真似して知ってたそうです。

私、ATSUSHI派~

みたいな感じで。

そして、節約生活はモデルでありながら洋服代にもおよんでいたのです。

洋服代を節約した結果、洋服のブランドは

しまむら

当時はしまむらっぽくないように着こなしていたと言うので相当大変だったと思います。

その借金はすでに返済されたとのことで、今となっては昔の話といったところでしょうか。

sponsored link

卒アルとすっぴんが素朴な画像!

そんな舟山さんの卒アルが見つかりました。

貧乏生活を送っていた頃なのでしょうか。

現在のイメージとは違い素朴な感じがかわいいですね。

素朴な感じといえば、こちらのすっぴん画像もいい感じです。

すっぴん画像も過去の貧乏生活も公開した舟山久美子さんは前進あるのみですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です