舟山久美子のプロフィールが貧乏!かわいいpopteen前がヤバイ!

モデルでタレントの舟山久美子さんが、10月27日放送の「解決!ナイナイアンサー」に出演して、自身が幼少の頃に貧しい生活を送っていたことを告白した。

一体どんな貧乏生活を送っていたのでしょうか。

sponsored link

舟山久美子さんってどんな経歴?

舟山久美子 貧乏

舟山久美子さんは、2008年に渋谷でスカウトされて、2009年からファッション雑誌「Popteen」でモデルデビューしました。

その後は様々なテレビ番組に出演されていて、タレント活動に加えて女性ファッション雑誌「with」で専属モデルとしても活動されています。

2013年にはファッションブランド「MiCOAMERi(ミコアメリ)」を立ち上げ、プロデュース業にも精力的に活動しています。

タレント、モデル、プロデュースと現在は幅広く活動されていて、貧乏とは無縁の世界で暮らしている印象を受けてしまいます。

幼少の頃の貧乏生活の実態とは!

sponsored link

舟山久美子が番組の冒頭に、まだ、知人にも話したことが無いことを話す。との話から始まり、両親はバブル全盛期にはけっこう派手な暮らしをして、当時5歳だった自身は何不自由なく欲しいモノを買ってもらっていました。と語っていた。しかし、人に騙された両親は借金を背負うことになり、その後の生活は悲惨だったようだ。

水道が止まった時には、スーパーにあるチョロチョロと水が出る飲水機からペットボトルに水を入れて使っていたり、電気を止められてテレビが見れないので、家電量販店に行ってテレビを見ていたことを明かしていました。

その借金は肩代わりしてすでに返済されたとのことで、今となっては昔の話といったところでしょうか。

実はこの番組では他にも3人も同様に貧乏生活の経験者がいて、その多さに驚いてしまいましたが、3人のみなさんが芸能界で活躍されているという結果から判断すると、極度の貧乏生活の経験は芸能界を生き抜く上では必要な条件なのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です