鶴瓶の家族で小栗旬が北海道旭川市をぶらり旅!子供と旭山動物園!!

スポンサーリンク

NHK総合毎週月曜日夜8時放送の「鶴瓶の家族に乾杯」でモデル山田優さんの夫でイケメン人気俳優の小栗旬さんがゲストで出演することが話題になっている。小栗旬さんはこの番組で、北海道旭川市をぶらり散策します。

もちろん、行ってよかった動物園ランキング上位の常連でもある、大人気の旭山動物園も訪れます。

旭川銀座商店街

003

出典:旭川地域フィルム・コミッション

旭川駅前にある、銀座商店街の歴史は、明治末期から始まります。明治末期には、既に街が形成されていて周辺の屯田兵が馬そりで買いだめに来ていたそうです。大正7年には、旭川で最も古い市場として「第一市場」が開かれ、市民から親しまれてきました。

現在では、「15丁目」として親しまれている旭川銀座商店街。街には鮮魚・生鮮・青果の市場の3つがあり、他にも衣料品などが扱われていて、旭川の商店街を盛り上げています。

大人気!旭山動物園

スポンサーリンク

旭山動物園は北海道旭川市にあり、日本最北の動物園です。開園は1967年7月で、当初の動物は75種だったそうです。

現在では年間入園者数が160万人を数え、恩賜上野動物園、名古屋市東山動植物園に次ぐ日本第3位の入園者数を誇っていますが、ここに至るまでには相当な苦労があったようです。

開園当初は40万人ほどだった年間入園者数は、旭川市の人口増とともに増加していきましたが、1983年の約60万人をピークに減少していきました。そして、飼育してた動物の感染症に伴い一時閉園にまで追い込まれ、再開園したものの、1996年には約26万人まで入園者数は落ち込んだようです。

03zoo01

出典:http://www.hokkaido-life.net

しかし、ここから旭山動物園は生まれ変わったそうで、1997年から動物の展示方法を行動展示と言われる、動物の生態やそれに伴う能力を、自然に誘発させて観賞者に見せるように工夫した展示に切り替え、巨大な鳥籠の中を鳥が飛び回る「ととりの村」、「もうじゅう館」、「さる山」、「ぺんぎん館」、「オランウータン舎」、「ほっきょくぐま館」、「あざらし館」、「くもざる・かぴばら館」、「チンパンジーの森」と自然に暮らす動物たちが鑑賞できる施設に順次切り替えていきました。

その結果、2007年度には307万人を集め、北海道を代表する観光地のひとつとなりました。

数々の苦労を乗り越え、全国的にも大人気となり、子供たちを大いに喜ばせる旭山動物園を訪れる小栗旬さんにも、山田優さんとの間に、現在1歳になる娘さんがいらっしゃいます。今回の訪問で旭山動物園の魅力に惹かれてしまったら、娘さんを連れてきて、見せてあげたいと必ず思うことでしょう。

近いいつか旭山動物園で小栗ファミリーを目撃できる日があるカモ?

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です