満天青空、黒豆の王様!丹波の黒大豆で湯葉豆腐を作ったらうまい!


スポンサーリンク

日本テレビ系毎週土曜日午後6時30分放送の「満天☆青空レストラン」で、大活躍中の人気お笑い芸人、宮川大輔さんが、ゲストにロッチさんを迎えて、京都府南丹市を訪れ、「黒豆の王様」と呼ばれる「丹波の黒大豆」の収穫を手伝いさまざまな料理にして味わう。中でも注文が殺到していると言う「黒豆ゆば豆腐」も登場。健康にもやさしい絶品の黒豆料理に宮川大輔さんはどのようなリアクションを見せるのでしょうか。

ロケ地は京都府南丹市

南丹市は、京都府中部の丹波地方に位置していて、地形は東西に長く、京都府を南北に区切るような形をしています。日本海に注ぐ由良川と太平洋に流れる桂川を持っています。人口はおよそ35,000人で、一部豪雪地帯があったり、広大な自然林が広がっていたりと、自然を満喫できる豊かな場所です。

黒豆の王様、丹波の黒大豆

320top

丹波の黒大豆枝豆は、サヤが非常に大きいのが特徴です。夏期に日中が大変蒸し暑く、夜は大変冷え込むという昼夜の寒暖差が大きいことに加え、霧も多く発生することや雨量も適度にあることから、良質の黒豆ができる環境にあるとされています。

VDCP2256

豆の見た目の黒色は、種皮にアントシアニン系の色素を含むためで、栄養成分的には、通常のダイズと同じだそうです。正月の煮豆でお馴染みの丹波黒大豆は、大豆の中でも特に粒が大きい大粒種で、この大きさはまさに枝豆の王様と呼ぶにふさわしいものなのです。

スポンサーリンク

黒大豆で作った黒豆ゆば豆腐

yubatofu_image

ゆば豆富は薄くはったゆばを、丁寧に何層も何層も重ねていくことで、ゆばの旨みが何重にも重なった逸品です。材料は、水と大豆だけ。ホテルや料亭でもよく使われていて、豆腐のようなやさしい食感と、ゆばの旨みが重なり、口の中に広がります。リピーターも多くいるというほどの逸品で、一度食べると忘れられなくなるのは必至のようです。

宮川大輔さんも「ゆば豆腐」虜になること間違いなしです!

満天青空、宮川大輔が新潟の高校生が魚から搾り出す魚醤油で舌鼓!
スポンサーリンク 日本テレビ系毎週土曜日6時30分放送の「満天☆青空レストラン」で、大活躍中の人気お笑い芸人、宮川大輔さんが、ゲストに...
満天青空、宮川大輔が香川の老舗醤油蔵で、有名なソイソルトを食す!
スポンサーリンク 日本テレビ系毎週土曜日6時30分放送の「満天☆青空レストラン」で、大活躍中の人気お笑い芸人、宮川大輔さんが、ゲストに...

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です