「クロスロード」出演の廣岡政幸の経歴を紹介!過去の辛い経験を経て


スポンサーリンク

テレビ東京毎週土曜日夜10時30分放送の「クロスロード」に、フリースクール校長の廣岡政幸さんが出演されます。

廣岡さんが校長を務めるのは、「ワンステップスクール伊藤学校」という自ら設立した、不登校、非行、ひきこもり、非就労者など、現状の学校教育や行政機関でケアができず行き場を失った若者を対象にした、全寮制の学校です。行き場を失った若者に、安心して過ごせる「居場所」を提供するため、スタッフが生活を共にして24時間体制でサポートを行っているのです。

何らかの原因で、親子の信頼関係が壊れ、自分たちの力だけでは修復不可能になってしまった家族の駆け込み寺と言っても良いのでしょう。

同校では今までに5,000人を越える若者のサポートを行っていて、千葉、東京、名古屋、静岡、奈良、そして、ニュージーランドに出校しています。まさに子育てに悩む親たちの救世主なのです。

廣岡政幸の経歴を紹介

スポンサーリンク

廣岡政幸さんは、1981年6月の千葉県生まれ。幼少期に敗血症を患い、足に重度の障害を抱えてしまいます。

小学校は千葉市立こてはし台小学校へ通われていて、足に装具を付けた生活を余儀なくされていたようです。障害者であるためにいじめを受けるようになり、その反動で、小学校5年生から喫煙、窃盗、傷害、恐喝などあらゆる悪行を尽くす生活を送りはじめたようです。

中学校は、千葉市立こてはし台中学校に通われていたようです。

高校は私立敬愛学園高等学校に入学したものの、わずか1年で退学しています。その後、ニュージーランドにて2年間の療育プログラムを受け、自らの振り返りを行ったようです。

2000年に、ニュージーランド最大の都市オークランドに位置する中高一貫校Avondale Collegeを卒業されています。

帰国後は、先に問題を抱える青少年の自立更生に尽力していた、伊藤幸弘さんと共に、様々なボランティア活動を通じて08年にワンステップスクール伊藤学校を設立。現在は、家庭裁判所、保護観察所からの依頼を受けて少年保護の協力も行っています。

一般社団法人若者教育支援センター代表理事、ワンステップスクール伊藤学校学校長。

受賞歴

・第28回青年版国民栄誉賞人間力大賞

・総務大臣奨励奨励賞(2014年)

廣岡さんが言われている、「人は変えることができない、本人が気づかなければ」の通り、今のそして将来の光が見えない青年に、どんなに辛い状況に立たされても、自らの意志で光を見ることができるように、考え行動できる人間に生まれ変わるきっかけを与え続けていただきたいです。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です